嘉辰令月【かしんれいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
嘉辰令月

【読み方】
かしんれいげつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
よき月、よき日ということ。
めでたい、縁起のいい日ということ。

【語源由来】
「嘉」と「令」とは、ともに、よいという意味。
「辰」とは、日のこと。

早歌(そうが)の曲名。宴曲集に収められているとされる。
「嘉辰令月の曇り無き」という句で始まる。
優曇(うどん)、浜木綿(はまゆう)、伊勢、高砂などのめでたい植物や地名がおりこまれている。

【類義語】
・大安吉日(たいあんきちじつ)
・黄道吉日(こうどうきちじつ)

【スポンサーリンク】

嘉辰令月(かしんれいげつ)の使い方

健太
この計画を絶対に成功させたいから、発表するのは縁起のいい日にしようと思っているんだ。
ともこ
そうね。きっとうまくいくと思うけれど、嘉辰令月を選ぶのは賛成だわ。
健太
もちろん、自信はあるけれど、縁起を担ぐことも大切だろう。
ともこ
それじゃあ、いつにするか相談しましょう。

嘉辰令月(かしんれいげつ)の例文

  1. 結納は嘉辰令月を選んで行おうと、仲人を頼んだ叔父さんに提案された。
  2. ぼくたちの結婚式はもちろん、嘉辰令月を選んで行うつもりだ。
  3. 新しいことを始めようと思い、嘉辰令月を確かめたところ、どうやら今日のようだ。早速取りかかることにしよう。
  4. 縁起などあまり気にしていなかったけれど、嘉辰令月を考慮するのが必要な場合もあるようだ。
  5. 嘉辰令月に始めたのだから、きっとうまくいくとみんなが信じている。

まとめ

結納や結婚式などは特に、嘉辰令月というように、縁起のいい日を選ぶということが多いのではないでしょうか。
おめでたいことはもちろんですが、新しいことを始める時なども、縁起のいい日を選ぶことで気持ちよく行えたり、始められたりするのではないでしょうか。
嘉辰令月を選ぶことで、運も味方につけてしまうことができたらうれしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事