優游涵泳【ゆうゆうかんえい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
優游涵泳

【読み方】
ゆうゆうかんえい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
ゆったりとした気持ちで学問や技芸の深い境地を味わう。

【語源・由来】
「優游」はゆったりしていること。伸び伸びとしてこせつかないこと。「涵泳」は水にひたり泳ぐ意で、ひたり味わうこと。


優游涵泳(ゆうゆうかんえい)の使い方

健太
最近空手に勉強にと忙しすぎて、優游涵泳の境地を楽しむことができないでいるよ。あーっ、息がつまりそうだ。
ともこ
毎日時間に追われて、とても忙しいわよね。私たちは受験生だからしょうがないわね。
健太
まあ、あと少しの我慢だと思えばいいのか。
ともこ
そうよ。ひたすら頑張ったあとは自由が待っているわよ。

優游涵泳(ゆうゆうかんえい)の例文

  1. 休みの日はもっぱら歌舞伎の世界に優游涵泳します。
  2. 秋という季節は、優游涵泳の境地を楽しむのに最もふさわしい季節です。
  3. この仕事が落ち着いたら、時間をたっぷりとって名画の世界に優游涵泳したいと思っています。
  4. 優游涵泳の境地を楽しむためには、早期リタイアするしかないと考えています。
  5. 働き方改革のおかげで優游涵泳することができるようになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索