堅甲利兵【けんこうりへい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
堅甲利兵

【読み方】
けんこうりへい

日本漢字能力検定
3級

【意味】
非常に強い兵力のこと。

【語源・由来】
「孟子」梁恵王・上より。「甲」はよろい、また、よろいを身につけた兵士。「利」は鋭い意。「兵」は武器のこと。堅固なよろいと鋭利な武器の意。

【類義語】
・堅甲利刃(けんこうりじん)


堅甲利兵(けんこうりへい)の使い方

健太
武田軍は、堅甲利兵を持っていて、あの徳川家康ですら苦戦したんだって。
ともこ
へえ。すごいわよね。武田信玄がもっと長生きできていたら、歴史は変わっていたかもしれないわね。
健太
だからなのかな?徳川家康は、健康オタクだったらしいよ。
ともこ
へえ。やっぱり歴史に名を残すには長生きしないといけないってことね。

堅甲利兵(けんこうりへい)の例文

  1. 隣の国の軍は、堅甲利兵なので、今攻め込まれると、大変困ったことになります。
  2. 織田信長は、最前線に堅甲利兵である火縄銃の隊を置き、三段構えをして打ち勝ったと言われています。
  3. 刺客に堅甲利兵である健太くんの隊を送り込んだので、作戦は成功するでしょう。
  4. 堅甲利兵の軍隊を打ち破るには、国民目線の政治が必要です。
  5. 世界中の国が、堅甲利兵の育成に力を入れ始めたら、人類は破滅の道をあゆむことになるでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事