言笑自若【げんしょうじじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
言笑自若

【読み方】
げんしょうじじゃく

日本漢字能力検定
4級

【意味】
何があっても決して慌てず、落ち着いていることのたとえ。

【語源・由来】
「三国志」蜀志・関羽伝より。「言笑」は喋り声と笑い声。談笑すること。「自若」は落ち着いていて慌てないこと。中国の三国時代の蜀の関羽は、毒矢をひじに受け、諸将との宴会の途中に、その場で手術したが、骨を削って血が溢れる中でも酒を飲み、談笑していたという故事から。

【類義語】
・神色自若(しんしょくじじゃく)
・泰然自若(たいぜんじじゃく)
・余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく)


言笑自若(げんしょうじじゃく)の使い方

ともこ
健太くん。昨日は自転車に乗りながら電柱にぶつかっていたけど本当に大丈夫だった?言笑自若ようだったから、あの場ではあまり心配しなかったんだけど。
健太
うん。骨折していたよ。
ともこ
ええっ?痛くなかったの?
健太
痛かったけど、慌ててもしょうがないしね。歩いて病院に行ってきたよ。

言笑自若(げんしょうじじゃく)の例文

  1. 彼は、言笑自若でどんな状況でも慌てません。
  2. 健太くんは、言笑自若、とてもクールな男性です。
  3. 健太くんはきっと、目の前にUFOが降り立っても、言笑自若のままでしょう。
  4. 夜中に大きな地震があったのですが、ともこちゃんは、言笑自若、冷静に避難袋を持って出ました。
  5. いつでも言笑自若としている彼が、血相を変えることってあるんでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事