救国済民【きゅうこくさいみん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
救国済民

【読み方】
きゅうこくさいみん

【意味】
国や世の中を救い、人々を苦しみから救うこと。

「救国」は、国や世の中を救うこと。「済民」は、民を苦しみから救済すること。

【類義語】
・経国済民(けいこくさいみん)
・経世済民(けいせいさいみん)


救国済民(きゅうこくさいみん)の使い方

健太
救国済民の救世主があらわれないかな。
ともこ
ぱっと表れて、ぱっと救国済民してほしいわよね。
健太
お金持ちばかり幸せになるこんな世の中はいやだよー。
ともこ
たくさん勉強して、健太くんが救国済民すれば確実なんじゃないかしら。

救国済民(きゅうこくさいみん)の例文

  1. 健太くんは、救国済民の志を抱き、政治家になった。
  2. あの政党は、きっと救国済民してくれると信じている。
  3. 今の政治家は、一部の高額納税者しか見ていないので、救国済民することはできない。
  4. ともこちゃんは、救国済民を目指し、議員秘書をしながら勉強している。
  5. 救国済民するために、早急に社会保障の改革が求められる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事