騏驥過隙【ききかげき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
騏驥過隙

【読み方】
ききかげき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
一瞬の出来事のこと。または、時の経過が非常に速いことのたとえ。「騏驥」は一日で千里を走りきるといわれる駿馬。「過隙」は戸の隙間の向こう側をすっと走り抜けること。

【語源・由来】
「荘子」盗跖より。戸の隙間の向こう側を走り抜ける駿馬の姿を見ることができるわずかな時間という意味から。元は人の命のはかなさや短さを嘆いた言葉。

【類義語】
・白駒過隙(はっくかげき)

【スポンサーリンク】

騏驥過隙(ききかげき)の使い方

健太
もうすぐマラソンランナーの先頭集団が来るよ。
ともこ
騏驥過隙、突風のように走り去っていくから、よーく見ていないとね。
健太
あっ。来たよ。
ともこ
騏驥過隙、一瞬だったわね。あんなスピードで40km以上走り続けることが出来るなんてすごいわよね。

騏驥過隙(ききかげき)の例文

  1. 騏驥過隙、一瞬の油断をつかれ、ボールを相手チームに奪われました。
  2. 騏驥過隙、ちょっとかばんを置いた瞬間にすられました。
  3. 騏驥過隙、携帯電話に目をやったほんの一瞬に、飼い犬のジョンが逃げ出しました。
  4. もう卒業式かあ、騏驥過隙だったなあ。
  5. 気が付いたらもう60歳、騏驥過隙だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事