金亀換酒【きんきかんしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
金亀換酒

【読み方】
きんきかんしゅ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
この上なく酒を愛することのたとえ。また、大切な友人を心からもてなすことのたとえ。

「金亀」は、唐の時代の役人が腰に帯びた、金製の亀の形をした飾りものの一種。

【語源・由来】
李白「対酒憶賀監」より。中国唐の時代、賀知章は李白の才能を認めて、金亀を売って酒に換え、李白とともに一時を楽しんだという。


金亀換酒(きんきかんしゅ)の使い方

ともこ
この前、転校していった親友に会いに行ってきたの。
健太
喜んでいたでしょう?
ともこ
ええ。金亀換酒のもてなしをしてくれたわ。楽しかったから、余計に、お別れの時は悲しかったわ。
健太
また会えるよ!

金亀換酒(きんきかんしゅ)の例文

  1. 祖父は、金亀換酒、毎晩お酒を飲んでいたので、肝臓を悪くしました。
  2. 兄は、金亀換酒、無類の酒好きで、お酒を飲みながら、お酒に関する文章を書く仕事をしています。
  3. 金亀換酒というように、酒好きな父は、酒を医師から止められてしまい、こっそり夜中に飲んでいることを僕は知っています。
  4. 留学中、ホームシックにかかりそうになっていた僕のところに、親友のともこちゃんが遊びに来てくれたので、金亀換酒、盛大にもてなしました。
  5. 親友が遊びに来るという連絡があったので、金亀換酒の計画を練りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事