春蚓秋蛇【しゅんいんしゅうだ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
春蚓秋蛇

【読み方】
しゅんいんしゅうだ

【意味】
下手な文字のこと。

【語源・由来】
「晋書」王羲之伝より。「蚓」はみみずのこと。 春のみみずや秋の蛇がうねって動いた後のような文字ということから。

【スポンサーリンク】

春蚓秋蛇(しゅんいんしゅうだ)の使い方

健太
ともこちゃん。手紙は読んでくれた?
ともこ
健太くん。もらった手紙なんだけど、春蚓秋蛇でとても読めたものじゃないわ。
健太
心を込めて、一晩かかって書いたのにまだ読んでいないの?
ともこ
本当に日本語なのって疑いたくなるくらい汚い文字なんだもの。

春蚓秋蛇(しゅんいんしゅうだ)の例文

  1. 議員の発言を急いでメモしたのだけれども、春蚓秋蛇で何が書いてあるのか自分でも読めなかった。
  2. 僕のノートの文字が、春蚓秋蛇だから習字教室に通いなさいって母さんが言うんだ。
  3. 姿勢を正したら、春蚓秋蛇だった私の文字が魔法のようにきれいになりました。
  4. 私は、春蚓秋蛇、自分の文字に自信がないので、もっぱら手紙ではなくメールで済ませます。
  5. 先生の原稿の文字は、春蚓秋蛇で象形文字のように見えて私には読めないけれども、先生自身には判読可能らしいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事