金甌無欠【きんおうむけつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
金甌無欠

【読み方】
きんおうむけつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
何一つ欠けていることがない、完璧なこと。または、一度も侵略されたことがない国のたとえ。「金甌欠くる無し」とも読む。

【語源・由来】
「金甌」は黄金で出来た瓶のことで、国や天子のたとえ。全く欠けていない黄金の瓶ということから。

【類義語】
・完全無欠(かんぜんむけつ)


金甌無欠(きんおうむけつ)の使い方

健太
ともこちゃんは、勉強もできるし、運動神経も抜群、性格もいい。金甌無欠だね。
ともこ
ええー。それは褒めすぎよ。欠けたところがない人なんていないわよ。
健太
ともこちゃんが怒った時は、鬼ばばのように怖いのが玉に瑕だけど、金甌無欠だと思うよ。
ともこ
なんですってー!

金甌無欠(きんおうむけつ)の例文

  1. 日本は、侵略された事がない金甌無欠の国でした。
  2. 開拓時代はイギリスの植民地でしたが、アメリカ合衆国が成立してからは、世界最強の金甌無欠の国です。
  3. 今年の私が担任するクラスは、良い子ばかりで金甌無欠です。
  4. 僕が手にとった本の帯に、金甌無欠の最高傑作と書いてありました。
  5. ともこちゃんの美しさは金甌無欠で、かなう人はいないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事