聖人賢者【せいじんけんじゃ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
聖人賢者

【読み方】
せいじんけんじゃ

【意味】
知恵があり徳のすぐれた、理想的な人物。

【語源・由来】
「聖人」は、知恵も徳もすぐれた人。世間の模範と仰がれる人物。「賢者」は、聖人に次ぐすぐれた人。賢い人。

【典拠・出典】

【類義語】
聖人君子(せいじんくんし)


聖人賢者(せいじんけんじゃ)の使い方

健太
ともこちゃんは、聖人賢者のように立派だよね。
ともこ
まだまだよー。修行が足りないわ。
健太
どんな修行をすれば聖人賢者になることができるのかな。
ともこ
まずは、健太くんがどんな悪さをしても心の平穏を保つことができるようになることね。

聖人賢者(せいじんけんじゃ)の例文

  1. 次の選挙では、聖人賢者のような人に投票したい。
  2. 貨幣経済のこの世の中では、聖人賢者は現れにくい。
  3. 健太くんは読んでいた本に影響されたようで、聖人賢者のような振舞いをしている。
  4. マザー・テレサは、聖人賢者といえる素晴らしい人格者だ。
  5. ともこちゃんは、孔子のような聖人賢者になりたいと思っている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索