光陰流水【こういんりゅうすい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
光陰流水

光陰矢の如し、光陰逝水(せいすい)の如しともいう。

【読み方】
こういんりゅうすい

【意味】
月日がたつのが早いことのたとえ。

「光」は日、「陰」は月の意。「光陰」は、月日、年月、時間のこと。月日が過ぎるのは、流れる川のように速い。

【類義語】
・一寸光陰(いっすんのこういん)
・烏兎匆匆(うとそうそう)
・光陰如箭(こういんじょぜん)
・露往霜来(ろおうそうらい)


光陰流水(こういんりゅうすい)の使い方

健太
入学してから、もう二年半が過ぎたんだね。光陰流水だね。
ともこ
そういうわけで、もうすぐ受験ね。
健太
光陰流水のように、あっという間に受験の日が来るんだろうな。
ともこ
そうよ。光陰流水を嘆いている暇はないんだから。

光陰流水(こういんりゅうすい)の例文

  1. 光陰流水の如し、あの小さかったともこちゃんが、もう高校生なんだ。
  2. デビューしてからもう十年、光陰流水の如しであっという間でした。
  3. アメリカに来てからもう三年、光陰流水の如しというが、もう約束の帰国の時がきた。
  4. 光陰流水の如しというが、健太くんは、気が付いたら十年間も引きこもりをしていた。
  5. ともこちゃんが卒業してから、早くも十年が過ぎた、光陰流水の如しって本当だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事