個個別別【ここべつべつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
個個別別

【読み方】
ここべつべつ

【意味】
一つ一つ、それぞれ、または一人一人が別であるということ。また別ですること。

【語源・由来】
個個別別は同じ意味の言葉を繰り返すことで、意味を強調させた四字熟語である。

【類義語】

【対義語】
・一致団結(いっちだんけつ)

【英語訳】
each one
each one separately
singly
singly and severally
individually

英語例文
日本では朝食も家族揃って食べることが多いが、海外では朝食は個個別別でとるのが普通だ。
It is usual for Japanese families to have breakfast altogether but in other countries they have breakfast individually.
【スポンサーリンク】

個個別別(ここべつべつ)の使い方

健太
ねぇ、ともこちゃん。今日の飲み会ってあまり楽しくないよね。本当は帰ってやりたいことあるんだ。何時くらいに終わるのかな?
ともこ
ね。ぜんぜん楽しくないわ。私も疲れたし早く帰りたいんだけど、みんな楽しんでるみたいだからまだまだ終わらないんじゃないかしら。
健太
確かにみんな楽しそうだね。それじゃあ抜け出そうよ!みんな楽しそうだしきっと気付かれないよ!
ともこ
そうね!でもなんか怪しまれそうだから、個個別別で抜けましょ。

個個別別(ここべつべつ)の例文

  1. 幼稚園から大学まで、日本ではよく集団生活を重んじる傾向がある、運動会や体育祭などがいい例だろう。私はそういったものが苦手で個個別別に勝手に勉強する方がかえって自分のためにいいと思う。
  2. 少し前まで全くまとまりがなく、個個別別で好きな練習をしていたチームだったが、監督が代わり優勝という大きな目標のためにみんなが一致団結できるようになった。
  3. 私の家族はみんな生活リズムが違っているため、ご飯も基本的に個個別別でそれぞれが好きなものを食べるという生活がもう10年ほど続いている。たまにはみんなで一緒にご飯を食べたい。
  4. 男の子はよく自分でものを壊してそれを組み立てて遊ぶというが、僕も個個別別に分解されたものをもう一度組み立てるのが大好きだ。
  5. 華道はとても難しい、どの花も個個別別でも十分に綺麗だが、それぞれをまとめることでさらに美しくするのにはとても苦労する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事