一致団結【いっちだんけつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
一致団結

【読み方】
いっちだんけつ

【意味】
目的を達成するために、たくさんの人が心を一つにまとまること。
多くの人が一つの共通の目的やゴールに向けて協力しあうこと。

【由来】
「一致」は心を一つにすることで、「団結」は複数の人が力を合わせることを意味しています。

【類義語】
一致協力(いっちきょうりょく)
協心戮力(きょうしんりくりょく)
上下一心(しょうかいっしん)
二人三脚(ににんさんきゃく)
戮力協心(りくりょくきょうしん)
和衷協同(わちゅうきょうどう)
和衷共済(わちゅうきょうさい)
戮力同心(りくりょくどうしん)
戮力一心(りくりょくいっしん)
戮力斉心(りくりょくせいしん)
同心協力(どうしんきょうりょく)
同心戮力(どうしんりくりょく)
協力同心(きょうりょくどうしん)
一味徒党(いちみととう)
一徳一心(いっとくいっしん)

【対義語】

【英語訳】
union
solidarity
band together
total cooperation
solid combination
concerted efforts
harmonious cooperation
joining forces
work together
unite efforts
combined efforts
come into line with

例文 私たちはその敵と一致団結して闘います。
We will band together and fight with that opponent.
【スポンサーリンク】

一致団結(いっちだんけつ)の使い方

ともこ
今度の文化祭の準備は順調?
あと3日しかないからもうそろそろ完成に近付けないと。
健太
それが、それぞれ担当するリーダー同士がけんかしちゃって、あまり進んでいないんだ。
ともこ
それは大変!一致団結しないと準備間に合わないよ!
健太
そうだね、みんなの心を一つにするよう、今日先生と話してみるよ!

一致団結(いっちだんけつ)の例文

  1. 2軒全焼させた火事は消防車が来るまでの間、近所の人たちが一致団結して消火作業に当たり、大事には至らなかった。
  2. やがて訪れる大戦は避けては通れない。もうすぐ一致団結して戦わなきゃ我々が生き残ることはできない。
  3. 会社再建のためには全社員の一致団結が必要でありますので、私の報酬も減額いたしますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
  4. 優勝したチームには協賛してくれた企業から多額の賞金がもらえることもあって、各チームは一致団結して大会に臨んだ。
  5. たびたび開催された飲み会がメンバー全員の一致団結に繋がりましたし、調和の取れた雰囲気で作り上げることができた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事