老莱斑衣【ろうらいはんい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
老莱斑衣

【読み方】
ろうらいはんい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
親孝行のたとえ。親に孝行のかぎりをつくすことのたとえ。

【語源・由来】
『蒙求』「老莱班衣」より。
「斑衣」は模様のある派手な服。ここでは子供が身につける派手な服。
中国周代、楚の老莱子が七十歳になっても親の前で子供の服を身につけ、小さな子が親にまとわりつくように戯れ、親に年を忘れさせようとした故事から(『孝子伝』)。

【類義語】
・斑衣之戯(はんいのたわむれ)


老莱斑衣(ろうらいはんい)の使い方

ともこ
健太くん。夏休みだからって、昼間で寝ている生活は駄目だと思うわ。
健太
暑いし、暇だし、寝る子は育つっていうし、構わないんじゃないかな。
ともこ
勉強をしなさいとは言わないけれども、せめて老莱斑衣を尽くさないとだめよ。
健太
そうだね。母さんが仕事に行っている間に家の掃除くらいはしておこうかな。

老莱斑衣(ろうらいはんい)の例文

  1. 私の息子は、老莱斑衣を尽くしてくれる自慢の息子です。
  2. 老莱斑衣なともこちゃんは、ご両親に家をプレゼントしました。
  3. 健太くんは老莱斑衣なので、忙しい合間を縫って頻繁に実家に帰っているようです。
  4. こんなに老莱斑衣な親のことを思う子供はいないよね。
  5. 健太くんは、老莱斑衣はもちろんのこと、おじいちゃん孝行もすごくしっかりやっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事