香美脆味【こうびぜいみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
香美脆味

【読み方】
こうびぜいみ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
豪華で贅沢なすばらしい食事のこと。

【語源・由来】
『韓非子』「揚権」より。「香美」は香辛料のきいた、豪華なご馳走のこと。「脆味」はとろけるように柔らかい菓子のこと。

【スポンサーリンク】

香美脆味(こうびぜいみ)の使い方

健太
ともこちゃん。どれもこれもおいしいね。香美脆味だ。
ともこ
健太くんのお父さんの権力で集めた高級食材を使って作っただけあるわね。
健太
あと、うちの料理長の腕もミシュラン級だから、食材を生かしたおいしい料理ばかりだよね。
ともこ
こんな料理を家で食べることができる健太くんがうらやましいわ。

香美脆味(こうびぜいみ)の例文

  1. こんな口の中でとろけるような牛肉を食べたことはない、今まで経験したことが無い香美脆味です。
  2. 今日のためだけに取り寄せた食材で作られた料理だなんて香美脆味ですね。
  3. 今日の晩餐は、最後のデザートまで香美脆味でした。
  4. このアップルパイで使われているリンゴは、生産者が日本で一軒しかいない貴重なもので、香美脆味です。
  5. キャビアにトリュフにフォアグラと世界三大食材が贅沢に使用されているなんて、なんて香美脆味なんでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事