竜瞳鳳頸【りょうどうほうけい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
竜瞳鳳頸

【読み方】
りょうどうほうけい

「りょうどうほうけい」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
竜のひとみと鳳凰の首。きわめて高貴な人相をいう。

【語源・由来】
『唐書』「袁天綱伝」より。「頸」はくび。もと唐の則天武后が幼少のころにこう評された。


竜瞳鳳頸(りょうどうほうけい)の使い方

健太
ともこちゃんは、竜瞳鳳頸だよね。本当はどこかの国のお姫様なんじゃないの?
ともこ
どきっ。そ、そんなことないわよ。一般庶民よ。
健太
なんだか怪しいな。
ともこ
べ、べつに隠してなんかいないわよ。私が王様の隠し子だなんてことは・・・。

竜瞳鳳頸(りょうどうほうけい)の例文

  1. 則天武后は生まれてすぐ、占い師に竜瞳鳳頸、この子は出世するといわれました。
  2. 竜瞳鳳頸なともこちゃんは、その人相の通り高貴で賢いです。
  3. 健太くんは竜瞳鳳頸で、知恵が働く子なんですが残酷なところがあります。
  4. この赤ちゃんは竜瞳鳳頸だから、日本をけん引するような子になるに違いない、最高の教育をうけさせよう。
  5. 人相学的に言うと、竜瞳鳳頸なあの子は、きっと高貴で聡明な頭脳をもっているに違いありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事