天災地変【てんさいちへん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
天災地変

【読み方】
てんさいちへん

【意味】
自然界に起こる、さまざまな災いのこと。

【語源・由来】
「天災(てんさい)」とは、自然がもたらす災害のこと。
「地変(ちへん)」とは、地上に現れる異変のこと。暴風、地震、落雷、洪水などの災害のこと。

「魏書(ぎしょ)」崔行伝(さいこうでん)より出典。

【類義語】
・天変地異(てんぺんちい)

【対義語】
・地平天成(ちへいてんせい)

【英語訳】
natural disaster [calamity, catastrophe]


天災地変(てんさいちへん)の使い方

健太
今年は天災地変が多くて、不安な一年だったね。
ともこ
そうね。大雨や洪水があったり、落雷があったりして怖い思いをしたわね。
健太
自然の災害が起きた時、人の力ではどうにもならないと感じるね。
ともこ
来年は安心して暮らせるといいわね。

天災地変(てんさいちへん)の例文

  1. 地震もだけれど、大雨などいろいろな天災地変が起こると、人々の生活は奪われてしまう恐れがある。
  2. 天災地変がないことが一番いいけれど、人の力ではどうすることもできない。
  3. 天災地変が起こることは不安だけれど、そのことばかり心配していても仕方ないだろう。
  4. 祖母は天災地変が起こらないようにと、毎日お祈りをしている。
  5. 天災地変が起こることからは逃れられないけれど、もしも災害が起きたときにどうやって逃れるかという方法を考えておくことは、とても大切だと思う。

まとめ

天災地変というように、自然がもたらす災害が起こると、人の力は無力だと感じることがあるのではないでしょうか。
地震の他にも、大雨や落雷なども予測がむずかしいのではないでしょうか。
もしも、天災地変が起きてしまった場合には、どのように行動するのか確認しておくことが大切ですね。
また、家族や身近な人とどのようにして連絡を取り合うかということも、確かめておきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事