広厦万間【こうかばんげん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
広厦万間

【読み方】
こうかばんげん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
非常に大きな家のたとえ。転じて、貧しい人々を庇護することのたとえ。

【語源・由来】
杜甫「茅屋為秋風所破歌」より。「厦」は、大きな家。「広厦」は、広くて大きな家のこと。「間」は、柱と柱の間。「万間」は、柱と柱の間が万もあるという意から、非常に大きな家のこと。唐の時代、杜甫の家の屋根が風に吹き飛ばされ、「大きな家を手に入れて貧しい人を住まわせたい」と歌った故事から。


広厦万間(こうかばんげん)の使い方

健太
ともこちゃんの家は広厦万間だね。一体全体部屋はいくつあるの?
ともこ
私にもわからないの。入ったことが無い部屋もあるし、あの離れはお手伝いさん用の住まいだし。
健太
ええっ?入ったことがない部屋があるの?それは掃除が大変そうだね。
ともこ
ええ。私はやったことが無いんだけど、お手伝いさんが頑張ってきれいにしてくれているわ。

広厦万間(こうかばんげん)の例文

  1. おばあちゃんは、戦争中苦労したので、一人でも多く貧しい人を助けたいと広厦万間しています。
  2. 旧渋沢庭園にある建物を見て、すごい広厦万間だと思ったら、これは書庫でまた別に本邸があったそうです。
  3. 東京では小さな家しか建てることが出来ませんが、同じ予算で田舎なら広厦万間を建てることが出来ます。
  4. 貧窮している人に仕事を紹介して広厦万間しました。
  5. 健太くんは、貧しい人たちが生きる希望を失わないよう広厦万間し続けました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事