定省温凊【ていせいおんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
定省温凊

「温凊定省」とも言う。

【読み方】
ていせいおんせい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
親に孝養を尽くすこと。

【語源・由来】
礼記「曲礼・上」より。冬には暖かく夏には涼しく過ごせるよう配慮し、夜には寝床を整え定め朝にはご機嫌を伺う。もと人の子たる者の礼を説いた語。「凊」は「涼」に同じで、すずしいという意味。「定」は寝具を整え定めて安眠できるよう気を配ること。「省」はかえりみるという意味からご機嫌伺いをすること。

【類語扇】
・扇枕温衾(せんちんおんきん)


定省温凊(ていせいおんせい)の使い方

ともこ
健太くん。ちゃんと定省温凊しているの?
健太
うーん。していないなあ。親のすねをかじっているだけだよ。
ともこ
人間の人生は儚いものなんだから、元気なうちに定省温凊しないとだめよ。
健太
そうだね。両親はずっと僕のそばにいてくれるものだと思い込んでいたよ。

定省温凊(ていせいおんせい)の例文

  1. 親に新築の家をプレゼントして定省温凊しました。
  2. 定省温凊しようと思い立ち、温泉旅行をプレゼントしました。
  3. 健太くんは、小さいころから親に感謝し定省温凊する子でした。
  4. 後々、悔いの残らないよう定省温凊しました。
  5. 健太という名前の通り、僕が健康であることが定省温凊することになると思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事