篝火狐鳴【こうかこめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
篝火狐鳴

【読み方】
こうかこめい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
不可思議なことで民衆を惑わすこと。

【語源・由来】
「史記」陳渉世家より。秦末に陳勝と呉広が反乱を起こし、民衆を見方につけるためにかがり火をたき、狐の鳴き声を真似させて、「大楚が興って陳勝が王となろう」と呉広に言わせた故事から。

【スポンサーリンク】

篝火狐鳴(こうかこめい)の使い方

ともこ
健太くん。新聞を見て。
健太
何か面白い記事が載っているの?
ともこ
健太くんがふざけて、光る円盤を飛ばしたでしょう?あれを目撃した人がたくさんいて、UFOだって騒ぎになっているわよ。篝火狐鳴しちゃだめじゃないの。
健太
本当に?みんなあれをUFOだって信じてしまったの?

篝火狐鳴(こうかこめい)の例文

  1. 彼は、麦畑でミステリーサークルを作って、篝火狐鳴しました。
  2. 彼は、お化けのふりをして、篝火狐鳴し、この土地から人を遠ざけていました。
  3. 健太くんは、得意の手品を使って、偽物の神様に次の生徒会長は健太くんじゃと言わせ、篝火狐鳴しました。
  4. 篝火狐鳴しようとしても、すぐにSNSで拡散され、ウソがばれてしまうでしょう。
  5. 空から魚が降ってくるという事件が何回かありましたが、あれは健太くんがドローンを使って魚を落とし、篝火狐鳴したものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事