山濤識量【さんとうしきりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
山濤識量

【読み方】
さんとうしきりょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
すぐれた識見や器量をもつ人のたとえ。

【語源・由来】
『蒙求』「山濤識量」より。「山濤」は竹林の七賢の一人。「識」は知識や識見。「量」は器量や度量のこと。中国、晋の山濤は若いときからすぐれ、多くの人が称したが。梁の任昉は山濤の識見器量を推奨したという故事から。


山濤識量(さんとうしきりょう)の使い方

健太
ともこちゃん。悩みがあるんだけど聞いてくれる?
ともこ
健太くんもなの?なんでみんな私に悩みを持ち込むのかしら。
健太
ともこちゃんは山濤識量だから、良い答えを見つけてくれるような気がするんだよ。
ともこ
人の役に立てるならいいか。話を聞くわ。

山濤識量(さんとうしきりょう)の例文

  1. ともこちゃんは山濤識量なので、学校の先生も彼女を頼る時があります。
  2. 健太くんは山濤識量だから生徒会長にふさわしいと思います。
  3. 山濤識量なともこちゃんは、社長からの信頼も厚く、出世コースにのっていると言われています。
  4. 健太くんは山濤識量だから、彼なら適切な判断を下してくれると思います。
  5. 山濤識量なともこちゃんが、あんな仕事をさせられているなんてもったいないですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事