光彩奪目【こうさいだつもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
光彩奪目

【読み方】
こうさいだつもく

「光彩目を奪う」とも読む。
日本漢字能力検定
3級

【意味】
目を見張るばかりの美しい輝きやいろどり。

【語源・由来】
「光彩」は美しく輝く光。また、鮮やかないろどりの意。美人の形容ともなる。「奪目」はすばらしさで、見る者をうっとりさせること。

【類義語】
・光彩陸離(こうさいりくり)


光彩奪目(こうさいだつもく)の使い方

健太
今日のミスコンテストの出場者は、光彩奪目な女性ばかりだね。
ともこ
そうね。とてもきれいよね。同じ人間だとは思えないわ。
健太
地域のミスコンテストでこのレベルなんだから、ミスユニバースはもっとすごいんだろうね。
ともこ
まぶしすぎて直視できない美しさでしょうね。

光彩奪目(こうさいだつもく)の例文

  1. 宇宙から見た地球は、青く輝いて光彩奪目と聞きましたが、この目で見てみたいものです。
  2. ともこちゃんは、まさに光彩奪目、きっと小野小町の生まれ変わりだ。
  3. 世界最大のダイヤモンドは、光彩奪目で何と言って表現すればいいか分からない美しさでした。
  4. 富士山から見るご来光は、光彩奪目でとてもありがたく感じられ、自然と手を合わせ拝んでいました。
  5. ヘリコプターから見下ろす東京の夜景は光彩奪目でとても感動しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事