幸災楽禍【こうさいらくか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
幸災楽禍

【読み方】
こうさいらくか

「災いを幸いとし禍いを楽しむ」とも読む。
日本漢字能力検定
2級

【意味】
他人の不幸を見て楽しみ喜ぶこと。

【語源・由来】
「春秋左氏伝」僖公一四年、「春秋左氏伝」荘公二十年より。「幸災」は自分以外の人が不幸になることを喜ぶこと。「楽禍」は自分以外の人に災いが訪れることを見て楽しむこと。

【類義語】
・楽禍幸災(らくかこうさい)


幸災楽禍(こうさいらくか)の使い方

健太
ともこちゃん。聞いてよ。僕の友達が彼女に振られたんだ。ざまあみろだよね。
ともこ
幸災楽禍するなんてひどいわ。
健太
人の不幸は蜜の味っていう名言があるじゃないか。
ともこ
名言があるからって許されるものじゃありません。反省しなさい。

幸災楽禍(こうさいらくか)の例文

  1. 幸災楽禍、他人の不幸で今日も飯がうまい。
  2. 大学入試に落ちた兄を見て、笑って喜ぶなんて幸災楽禍していたら、あなたも同じ目にあうかもしれませんよ。
  3. 格好よくて頭もいいあいつが痛い目を見るなんて幸災楽禍だ。
  4. 人の不幸なうわさ話で幸災楽禍するなんて残酷ですね。
  5. インターネット上には、匿名性を悪用して幸災楽禍する奴らがたくさんいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事