燕頷虎頭【えんがんことう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
燕頷虎頭

【読み方】
えんがんことう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
武勇に秀でた、勇ましい武者の容姿のたとえ。または、遠い国の諸侯となる人の容姿のたとえ。燕のような顎と、虎のような頭のことで、武勇に秀でた人物の骨相をいう。

【語源・由来】
「後漢書」班超伝より。中国の後漢の班超は筆書の仕事をしていたが、武功を上げたいと占い師に聞くと、遠い地域で諸侯になる人相だと言われ、万里の長城の外で武功を上げ、定遠侯に封じられたという故事から。

【類義語】
・燕頷虎頸(えんがんこけい)

【スポンサーリンク】

燕頷虎頭(えんがんことう)の使い方

ともこ
健太くんは空手を習っているけれども、燕頷虎頭、優秀な空手の選手になりそうな顔をしているわよね。
健太
ええー?本当に?どの辺が?
ともこ
眉毛がきりっと太い所が、意志の強さを物語っているようだわ。
健太
じゃあ、おしゃれになっても眉毛は剃らないように気を付けるよ!

燕頷虎頭(えんがんことう)の例文

  1. 燕頷虎頭、この子は強そうな顔をしているから柔道を習わせよう。
  2. 燕頷虎頭、占い師に、剣道をやると成功する顔をしていると言われました。
  3. 燕頷虎頭、君は目つきが悪いから、目力で相手を圧倒できるので武術を習うと良いよと言われました。
  4. 燕頷虎頭、あなたは出世する顔をしているから、地元ではなく都会に出たほうが良いですよ。
  5. 燕頷虎頭、大成しそうな顔だから、海外に羽ばたくと良い。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事