要害堅固【ようがいけんご】の意味と使い方の例文(類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
要害堅固

【読み方】
ようがいけんご

【意味】
外敵からの攻撃を防ぎやすい険しい地勢で、備えがしっかりしていること。「要害」は地勢が険しく、守りやすい地のこと。

【類義語】
・金城鉄壁(きんじょうてっぺき)
・金城湯池(きんじょうとうち)
・厳塞要徼(げんさいようきょう)
・湯池鉄城(とうちてつじょう)
・難攻不落(なんこうふらく)

【スポンサーリンク】

要害堅固(ようがいけんご)の使い方

健太
この辺りでは、城の多くが山頂など要害堅固な場所に築かれて、山全体が大きな砦の様になっていたんだって。
ともこ
へえ。よく考えて建てられているわよね。見晴らしがよくて、攻めにくいまさに要塞堅固ね。
健太
これだけ要塞堅固だと、どうせ攻めてこないだろうって、逆に油断してしまいそうだよね。
ともこ
あはは。そうね。そんなこともあったかもね。

要害堅固(ようがいけんご)の例文

  1. 要害堅固で士気の高い門徒衆が立て籠もった石山本願寺は、織田氏の攻撃から守ってくれました。
  2. 海の真ん中の要害堅固の高い塔の上にお姫様がとらわれています。
  3. 要害堅固な城で攻め落とすことは不可能だと思われたので、兵糧攻めにすることにしました。
  4. あの要害堅固な城に立てこもられたら、この戦いは難しくなる。
  5. あの要害堅固な城は、船でしか入ることが出来ません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事