曠世之感【こうせいのかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
曠世之感

【読み方】
こうせいのかん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
世に類例がないような感じのこと。

【語源・由来】
重野安繹「航海朱印船」より。「曠世」は比較できるものがないという意味。

【スポンサーリンク】

曠世之感(こうせいのかん)の使い方

ともこ
健太くんにぜひ紹介したい女の子がいるんだけどな。
健太
その子はかわいい?芸能人で言うと誰に似ているの?
ともこ
曠世之感よ。誰かに似ているってわけじゃないけど、とてもかわいくて健太くんの好みに合うと思うわ。
健太
それはもう、会います!会います!

曠世之感(こうせいのかん)の例文

  1. その宮殿は、すべて大理石を彫って作られていて、曠世之感がある位に美しかったです。
  2. そのお祭りは、曠世之感で、他のお祭りとは違う、とにかくあなたの目で見て感じて触れてほしい。
  3. その結婚式は、ロイヤルウェディングにふさわしく、曠世之感というような豪華さと華やかさでした。
  4. この景色は、曠世之感、比ぶべくもない美しさなので、手つかずのまま開発せずそっとしておくべきです。
  5. 毎日厳しい鍛錬を積み、日々空手のことだけを考えてきた健太くんは、10年前より、曠世之感がある強さです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事