鳩居鵲巣【きゅうきょじゃくそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
鳩居鵲巣

【読み方】
きゅうきょじゃくそう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
他人の地位や成功を横取りすること。または、人の家に仮住まいする事。嫁いできた女性が夫の家をわが家とすることのたとえ。

【語源・由来】
「詩経」召南・鵲巣より。巣作りが得意な鵲の巣に鳩が住み着くという意味から。

【類義語】
・鵲巣鳩居(じゃくそうきゅうきょ)
・鵲巣鳩占(じゃくそうきゅうせん)

【スポンサーリンク】

鳩居鵲巣(きゅうきょじゃくそう)の使い方

健太
僕の兄さんが長い時間をかけて論文を書き上げたんだ。
ともこ
へえ。それは良かったわね。ここまで来るのにさぞ大変だったでしょうね。
健太
うん。それなのに、教授が鳩居鵲巣、その研究を横取りして自分の成果にしてしまったんだよ。
ともこ
ドラマの中だけの話だと思っていたわ。本当にあるのね。

鳩居鵲巣(きゅうきょじゃくそう)の例文

  1. 鳩居鵲巣、兄さんのお嫁さんが一緒に暮らすようになりましたが、我が物顔で家の中を闊歩しています。
  2. 鳩居鵲巣、急に実家に帰ってきた兄さんが、僕から社長の座を奪いました。
  3. 洪水で家が浸水してしまったので、近所の人が、無傷だった我が家に鳩居鵲巣しています。
  4. 鳩居鵲巣、姉はいつも私の成功を自分の手柄にして父に報告する。
  5. 家を建て替えることにしたので、祖父の家にしばらく鳩居鵲巣させてもらっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事