狐狸変化【こりへんげ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
狐狸変化

【読み方】
こりへんげ

【意味】
狐や狸の化け物のこと。または、人知れず悪事を働くもののこと。

【語源・由来】
「狐狸」は動物の狐と狸。または、人を騙し、悪い行いをする人のたとえ。「変化」は化け物のたとえ。

【類義語】
・狐狸妖怪(こりようかい)
・魑魅魍魎(ちみもうりょう)

【スポンサーリンク】

狐狸変化(こりへんげ)

ともこ
最近、メガネをかけている人が夜道を歩いていると、メガネを盗まれるんですって。
健太
ええっ。何だか変な事件だね。狐狸変化の仕業じゃないの?
ともこ
人の仕業でも、狐狸変化の仕業でも、どちらにしても気味が悪いわ。
健太
しばらく外ではメガネをかけない様にしないといけないね。

狐狸変化(こりへんげ)

  1. あの健太くんが、昨日美女に告白されたらしいのだけれども、狐狸変化のいたずらに違いないです。
  2. 人知れず悪事を働くような狐狸変化のごとき振る舞いはやめなさい。
  3. 今の時代、狐狸変化よりも人間の方がこわい。
  4. いつの間にか手に持っていたカバンが無くなっていたんだけど、忘れてきたのか、狐狸変化に盗られたのか。
  5. 狐狸変化のように変身することができたら女の子になってみたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事