狗尾続貂【くびぞくちょう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
狗尾続貂

【読み方】
くびぞくちょう

【意味】
つまらない者が、権力を使って高官になることを罵る言葉のこと。
また、劣った者が優れた者のあとに続くこと。

【語源・由来】
「狗尾(くび)」とは、犬の尾のこと。
「貂(ちょう)」とは、「てん」という動物のこと。
昔は、高官の冠に「てん」の尾を飾っていた。

秦の趙王倫が力を得たことで、一族をみな高官にした。
そして、高官すべてに「てん」の尾で飾った冠をつけたために、「てん」の尾が足りなくなってしまい、犬の尾で飾らざるを得なくなってしまうと、人々が罵った故事が由来とされている。

【類義語】
・続貂之譏(ぞくちょうのそしり)

【スポンサーリンク】

狗尾続貂(くびぞくちょう)の使い方

健太
サッカーチームのキャプテンが変わってから、レギュラーが総入れ替えすることになったんだ。
ともこ
急にどうして、そんなことになってしまったの?
健太
キャプテンの兄弟や、仲のいい友達をレギュラーにするなんて、おかしいと思わないかい。
ともこ
狗尾続貂というようなことに、なってしまったのね。

狗尾続貂(くびぞくちょう)の例文

  1. 狗尾続貂というような組織は、長続きしないだろう。
  2. 隣の会社は社長が変わってから、狗尾続貂になってしまっていると聞いた。経営が悪化しているのは、そのせいだと噂になっている。
  3. 狗尾続貂なんてことをしていると、将来的には信頼を失うことになってしまうだろう。
  4. 彼の会社の従業員は、狗尾続貂となっているだけで、実力なんて期待できないだろう。
  5. 彼女が役職についたことは、彼女の叔父が役員という理由だから、おそらく狗尾続貂ということだろう。

まとめ

狗尾続貂というように、権力を使って地位を手に入れても、実力が伴わないことになるのではないでしょうか。
実力や信頼を得て、地位を手に入れることで、さらなる発展を期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事