不撓不屈【ふとうふくつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
不撓不屈

【読み方】
ふとうふくつ

【意味】
苦労や困難があっても決して諦めることがないこと。「不撓」は心が折れないこと。「撓」は固いものが強い力で曲がるという意味。「不屈」は屈しないこと。決して諦めないという意味の「不撓」と「不屈」を重ねて強調した言葉。

【語源・由来】
「漢書」叙伝より。

【類義語】
・七転八起(しちてんはっき)
・独立不撓(どくりつふとう)
・百折不撓(ひゃくせつふとう)
・不屈不撓(ふくつふとう)

【スポンサーリンク】

不撓不屈(ふとうふくつ)の使い方

ともこ
私達の学校の校訓を知っている?
健太
いいや。そういえば知らないなあ。
ともこ
不撓不屈よ。健太くんは不撓不屈の精神で、どんなに難しい宿題が出てもあきらめず、さぼろうという自分の弱い心に負けないでがんばり続けるべきなのよ。
健太
知らないままの方が良かったなあ。

不撓不屈(ふとうふくつ)の例文

  1. この仕事は困難で、知識ではなく、不撓不屈の精神だけがこの仕事をなしとげさせるであろうということがわかっていました。
  2. どんないたずらっ子でも、この不撓不屈の先生の前には、降参してしまいます。
  3. 我々に不撓不屈の精神がある限り、敗北はありえません。
  4. 不撓不屈の精神が、戦後の日本の復興に力を与えました。
  5. 不撓不屈の精神の持ち主である僕の父さんでさえ挫折してしまう事があるなんて、人生とはわからないものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事