愛及屋烏【あいきゅうおくう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・英語訳)

【四字熟語】
愛及屋烏

【読み方】
あいきゅうおくう

【意味】
溺愛、盲愛のたとえ。

屋烏及愛(おくうのあい)と同じ意味です。ある人を愛すると、その人の家の屋根にいる烏(からす)までも愛するようになる、人を愛するとその人に関わるものすべてがいとおしくなるというたとえです。

【語源・由来】
その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家の屋根に止まっている烏さえも愛おしくなるということから。「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。

【典拠・出典】
説苑』「貴徳」

【類義語】
・屋烏及愛(おくうのあい)
愛屋及烏(あいおくきゅうう)

【英語訳】
・Love me, love my dog.


愛及屋烏(あいきゅうおくう)の使い方

健太
今日のコンサート、よかったなぁ!
ともこ
ほんとうに、すごくよかった!
健太
Tシャツ、バンドメンバーとお揃いだし、買えばよかったな。
ともこ
愛及屋烏にもほどがあるわよ! メンバーだってツアーロゴ入りTシャツはツアー以外は着ないわよ。

愛及屋烏(あいきゅうおくう)の例文

  1. 彼女への愛及屋烏から単なるファンを通り越し、今や彼女自身になるかの勢いだった。
  2. 彼は今、愛及屋烏のあまり冷静に物事を判断することができない。
  3. 彼女への愛及屋烏の果てに、彼は公金に手を付けていた。
  4. 愛及屋烏も甚だしい、彼女の悪い点もただせないなんて。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索