管鮑之交【かんぽうのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】

管鮑之交

【読み方】

かんぽうのまじわり

日本漢字能力検定
1級

【意味】

互いによく理解し合っていて、利害を超えた信頼の厚い友情のこと。きわめて親密な交際のこと。「管」は春秋時代、斉の名宰相の管仲。「鮑」は鮑叔牙が。単に鮑叔ともいう。管仲と若いときから仲がよく、仲を斉の桓公に推挙した。「交」は「こう」とも読む。

【語源・由来】

『史記』管晏伝より。「管」は春秋時代、斉の名宰相の管仲。「鮑」は鮑叔牙。単に鮑叔ともいう。

【類義語】
・水魚之交(すいぎょのまじわり)
・刎頸之交(ふんけいのまじわり)


管鮑之交(かんぽうのまじわり)の使い方

ともこ
サッカー部のキャプテンと、君は幼なじみらしいね。
健太
うん、そうだよ。彼とは本当に昔から仲が良いんだ。管鮑之交といっても過言ではないね。
ともこ
そうなんだ、羨ましいな。あんなイケメンと幼なじみだなんて。
健太
そうかなぁ。男同士じゃそういうの関係ないからなぁ。

管鮑之交(かんぽうのまじわり)の例文

  1. 管鮑之交といったも良い程、仲のいい二人だ。
  2. 総理大臣と官房長官は、管鮑之交の仲で有名である。
  3. 彼女とは管鮑之交の仲だったが、いつしか疎遠になっていた。
  4. 管鮑之交と言える幼なじみが欲しい。
  5. あの二人が管鮑之交なのは周知の事実だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事