奢侈淫佚【しゃしいんいつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
奢侈淫佚

【読み方】
しゃしいんいつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
度をこしたぜいたくをし、不道徳な楽しみにふけること。

【語源・由来】
「奢侈」は必要以上のぜいたくのこと。「淫佚」はみだらでだらしがないという意味。

【類義語】
・驕奢淫逸(きょうしゃいんいつ)


奢侈淫佚(しゃしいんいつ)の使い方

健太
あの今人気のアイドルは、六本木界隈で奢侈淫佚にふけっているらしいね。
ともこ
そうらしいのよ。目撃情報が多数あるの。若いうちから奢侈淫佚にふけって芸をみがかないと、仕事を干されてしまうことになりかねないのにね。
健太
全然、演技がうまくならないもんね。
ともこ
そのうち、仕事がなくなって泣くことになると思うわ。

奢侈淫佚(しゃしいんいつ)の例文

  1. 健太くんは、奢侈淫佚にふけりすぎて、財産を食いつぶしてしまったそうだよ。
  2. 彼は、奢侈淫佚の果てに先祖代々の家宝を手放すことになってしまいました。
  3. あの頃の僕は、奢侈淫佚にふけっても、ただむなしいだけでした。
  4. 王様が奢侈淫佚の果てに国を滅ぼしてしまうなんて、笑い話にもならないよ。
  5. 健太くんは、奢侈淫佚の果てに体を壊し、財産も家族も失ってしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事