旧雨今雨【きゅううこんう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
旧雨今雨

【読み方】
きゅううこんう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
昔からの友人と最近親しくなった友人のこと。

【語源・由来】
杜甫「秋述」より。中国語の音で「雨」(ウ、yǔ)「友」(ウ、yoǔ)はともに音が通じるところから、友人のことをしゃれて言った言葉。


旧雨今雨(きゅううこんう)の使い方

健太
ともこちゃん。転校してきたばかりの新しい友達と遊びに行くんだけど、ともこちゃんも一緒に行かない?
ともこ
あら。私もご一緒していいのかしら?
健太
ともこちゃんなら大丈夫、すぐ仲良くなれるよ。僕の旧雨今雨を交えて楽しく過ごそうと思ったんだ。
ともこ
いいわね。私もその子と仲良くなれるとうれしいな。

旧雨今雨(きゅううこんう)の例文

  1. 旧雨今雨、どちらの誘いを断るべきか迷いました。
  2. 旧雨今雨、みんな付き合った時の長さに関わらず、良い親友たちなんです。
  3. 旧雨今雨、新しくても昔からの友人でも、友人が困った時には必ず駆けつけます。
  4. たくさんの旧雨今雨が、僕を見舞いに病室に来てくれたのでとてもうれしく思いました。
  5. 旧雨今雨のみんなが私の夢を応援してくれたので、友達っていいなと再認識しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事