昼夜兼行【ちゅうやけんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
昼夜兼行

【読み方】
ちゅうやけんこう

【意味】
一日中休まずに仕事をすること。「昼夜」は昼と夜のことから、一日中という意味。「兼行」は先を急ぎ、一日に二日分の距離を進むこと。

【語源・由来】
「三国志」呉志・呂蒙伝より。

【類義語】
・晨夜兼道(しんやけんどう)
・倍日并行(ばいじつへいこう)
・不解衣帯(ふかいいたい)
・不眠不休(ふみんふきゅう)
・連日連夜(れんじつれんや)


昼夜兼行(ちゅうやけんこう)の使い方

ともこ
うわあ。すごいわね。文化祭に絶対間に合わないと思ったのに、間に合ったのね。
健太
先生にお願いして、特別に昼夜兼行でがむしゃらに準備したんだよ。
ともこ
すごいわね。今日一日眠くて、何にも活躍できないんじゃないの?
健太
さっき、少し寝たから大丈夫!文化祭を楽しむぞ!

昼夜兼行(ちゅうやけんこう)の例文

  1. 健太くんが逃げ出さないように、昼夜兼行で監視が付きました。
  2. 昼夜兼行で急いで駆けつけたのですが、間に合いませんでした。
  3. 昼夜兼行で勉強しても、普段勉強をしない健太くんではろくな点数は取れないでしょう。
  4. 昼夜兼行で作業したので、作業員の間に仲間意識が芽生えました。
  5. 昼夜兼行で完成を急いでいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事