延命息災【えんめいそくさい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
延命息災

【読み方】
えんめいそくさい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
無事に長生きをすること。災いを除くこと。

【語源・由来】
「息災」は、災難や病魔を仏の力で退散させること。また、無事なこと。「息」はやむ、終わらせる意。

息災延命(そくさいえんめい)ともいう。

【類義語】
・無事息災(ぶじそくさい)
・無病息災(むびょうそくさい)
・息災延命(そくさいえんめい)

【英語訳】
enjoying a long and healthy life being untouched by disaster

英語例文
息災延命の秘訣。the secret of health and longevity.
【スポンサーリンク】

延命息災(えんめいそくさい)の使い方

ともこ
日曜日に家族で成田山へ行ってきたの。健太くんのお守りも受けてきたから渡すね。
健太
ありがとう。キティちゃんのお守りかわいいね。かばんにつけておくよ。
ともこ
このお守りは交通安全、災難消除、延命息災(息災延命)、開運厄除なの。
健太
いつも守られてると思って大事にするね。

延命息災(えんめいそくさい)の例文

  1. 私の祖母は延命息災で、100歳の長寿が無事に迎えられた。
  2. 日々健康に暮らせるように、災いを避け長生きできるようにと、延命息災のお守りを受けた。
  3. そんなにお酒を飲んでいると身体にいいはずがない。延命息災をお願いしなくては。
  4. 延命息災、よい食べ物と十分な睡眠は健康にとって必要だ。
  5. 三月三日のお節句に延命息災を祈願して、ひな壇の両脇に細工を吊るす。
  6. 初詣では、家族の延命息災を祈願した。

まとめ

仏や神に日々を何事もなく、平穏に過ごせることを祈る言葉。
仏様や神様に祈ることだけでは、本質的な問題を解決することはできない。「祈る」には、一般的には誠心誠意、全身全霊を傾けてという気持ちが込められている。真心を表現したい場合に使われる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事