南都北嶺【なんとほくれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
南都北嶺

【読み方】
なんとほくれい

【意味】
奈良と比叡山のこと。または、奈良の興福寺と比叡山の延暦寺のこと。「南都」は京都からみて南の都である奈良、もしくは奈良にある興福寺のこと。「北嶺」は比叡山、もしくは比叡山にある延暦寺のこと。

【語源・由来】
「歎異抄」二より。

【類義語】
・北嶺南都(ほくれいなんと)


南都北嶺(なんとほくれい)の使い方

ともこ
健太くん。南都北嶺の僧兵は最強だったそうよ。健太くんも修行にいったらどう?
健太
僕は、空手で最強の男になりたいんだよ。しかも修行僧って早起きしないとだめでしょう?無理だよ。
ともこ
そんな情けないことを言っていたら、空手で最強の男になれないわよ。
健太
そうだね。もっと心を鍛えよう。でもお寺で修業は無理だよ。

南都北嶺(なんとほくれい)の例文

  1. その絵は、南都北嶺にある寺院に所属していた僧侶が作者という説がある。
  2. 延暦寺の僧兵の力は奈良興福寺と並び称せられ、南都北嶺と恐れられました。
  3. 仏様についてならば、南都北嶺にゆゆしき学者たちがおられますので、そこに行ってお聞きなされませ。
  4. 中世の金峯山寺は山上・山下に多くの子院をもち、多くの僧兵を抱え、その勢力は南都北嶺にも劣らないといわれていました。
  5. 平氏も南都北嶺の影響力に頭を悩ませていたといわれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事