日居月諸【にっきょげっしょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
日居月諸

【読み方】
にっきょげっしょ

「日や月や」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
日よ月よ。君と臣。また国君とその夫人。また父母にたとえる。「居」「諸」は語末の助字。

【語源・由来】
『詩経』「邶風・日月」より。


日居月諸(にっきょげっしょ)の使い方

健太
日居月諸、彼らがいるから僕は元気に輝くことができるんだよね。
ともこ
まあ、健太くん。それは素晴らしい考え方ね。お父さんとお母さんに感謝する気持ちは、常に持ち続けるべきものよね。
健太
当然だよね。父さんと母さんがいなかったら、ここに僕は存在しないんだからね。
ともこ
その大事なご両親のために、もうテストで0点は取らないように、余計な心配はかけないようにしないといけないわよね。

日居月諸(にっきょげっしょ)の例文

  1. いつまでも元気で日居月諸、父母がいてくれるそれだけで世界は輝くんです。
  2. この国がもっと栄えるように、日居月諸に栄光あれ。
  3. 日居月諸は、この国を照らし輝かせてくれる希望の象徴です。
  4. 日居月諸、どちらが欠けてもこの世界は暗くなるでしょう。
  5. 夜空に輝く星たちよ、日居月諸、主をたたえよ、賛美せよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事