甕牖縄枢【おうゆうじょうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
甕牖縄枢

【読み方】
おうゆうじょうすう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
貧しく粗末な家の形容。かめの口のように小さな丸窓と縄を枢(とぼそ:戸の開閉をする軸)の代わりにした家の意味。 「甕」はかめ、「牖」は窓のこと。

【語源・由来】
賈誼「過秦論」より。

【類義語】
・蓬戸甕牖(ほうこおうゆう)
・甕牖桑枢(おうゆうそうすう)


甕牖縄枢(おうゆうじょうすう)の使い方

健太
うわあ。山の中で迷子になった上に、雨が降ってきたよ。
ともこ
甕牖縄枢だけど、あそこに小屋があるわよ、とりあえず雨宿りしましょうよ。
健太
そうだね。でも山姥とか出てきたらどうする?
ともこ
山姥?・・・健太くんが先に入って確かめてきてちょうだい!

甕牖縄枢(おうゆうじょうすう)の例文

  1. 甕牖縄枢で申し訳ないですが、どうぞ入って休んで行ってください。
  2. どうせこの世にいる間の仮の家だと思っているので、甕牖縄枢で十分なのです。
  3. 甕牖縄枢だったので、台風による強風に負けて倒壊してしまいました。
  4. 甕牖縄枢が集まって立っている地域で火事が起こり、消火が間に合わず延焼してしまいました。
  5. あの甕牖縄枢には、のら猫がたくさん住み着いているようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事