落穽下石【らくせいかせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
落穽下石

「穽」を「井」と書くこともあるが、「井」は井戸の意である。

【読み方】
らくせいかせき

「穽に落ちて石を下す」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。

【語源・由来】
韓愈の「柳子厚墓誌銘柄」より。人が落とし穴に落ちたのに上から石を落とす意。「穽」は落とし穴の意。

【類義語】
・落井下石(らくせいかせき)
・下井落石(かせいらくせき)


落穽下石(らくせいかせき)の使い方

ともこ
被災地で火事場泥棒が横行しているらしいわよ。
健太
落穽下石の振る舞いだよね。絶対に許せない行為だよ。
ともこ
明日は我が身だと思って、災害の時こそ助け合わないといけないのにね。
健太
日本は災害大国なんだから、余計に助け合いの精神を大事にしないといけないよね。

落穽下石(らくせいかせき)の例文

  1. 地震の被害にあって困っている人にリフォーム詐欺をするなんて、落穽下石の振る舞いだ。
  2. 落穽下石の振る舞いをするなんて、君には情けというものがないのか。
  3. 健太くんの心が弱っているところに、落穽下石の振る舞いをしてとどめを刺すなんてひどい話だ。
  4. さっきのように落穽下石の振る舞いをしたら、健太くんはもう二度と立ち直れないじゃないか。
  5. 失恋の悲しみを背負っているところに、ともこちゃんに落穽下石の振る舞いをされたら、健太くんは二度と恋をしないだろうな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事