冷土荒堆【れいどこうたい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
冷土荒堆

【読み方】
れいどこうたい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
墓のこと。

【語源・由来】
『長生殿』「冥追」より。「堆」はうずたかく土を盛ること。またそのもの。人もあまり訪れず冷ややかな土で盛り土も荒れているのでいう。


冷土荒堆(れいどこうたい)の使い方

健太
ここはイエス・キリストの冷土荒堆だといわれているんだよ。
ともこ
へえ。ここ日本の、しかも青森にイエス・キリストの冷土荒堆があるなんてびっくりね。
健太
そういう伝説があるんだって。しかも、この辺りの方言がヘブライ語に似ているんだって。
ともこ
それは真実味があるわね。でもどうやって海を渡ってきたんでしょうね。調べてみましょう!

冷土荒堆(れいどこうたい)の例文

  1. 日本の冷土荒堆は、長男が代々守るべきもので、次男はその冷土荒堆に入ることはできません。
  2. この古墳は、1000年前の天皇の冷土荒堆だといわれています。
  3. 健太くんは、愛犬が亡くなったので冷土荒堆を作ることにしました。
  4. 冷土荒堆を新しくして、ご先祖様を供養しようと思います。
  5. 冷土荒堆を作るにあたって、どの方角が一番いいか調査しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事