輪廻転生【りんねてんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
輪廻転生

【読み方】
りんねてんしょう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
仏教で、人の生きかわり死にかわりしてとどまることのないことをいう。

【語源・由来】
「輪廻」は車輪が回転してきわまりないように人が迷いの生死を重ねてとどまらないこと。「転生」は生まれかわること。

【類義語】
・転生輪廻(てんしょうりんね)
・流転輪廻(るてんりんね)


輪廻転生(りんねてんしょう)の使い方

健太
僕の兄さんが死んでしまったんだー。
ともこ
輪廻転生してまた会えるわよ。
健太
次はどんな姿で輪廻転生してくるかわからないけれども、僕は見つけることができるかな。
ともこ
あれだけ固いきずなで結びついていたんだから大丈夫よ。

輪廻転生(りんねてんしょう)の例文

  1. 人間は輪廻転生するものだから、前世の記憶があってもおかしくないです。
  2. 輪廻転生するというけれども、人口が増えていっているのは、魂が分裂しているんでしょうか。
  3. 前は健太くんのお母さんだったけれども、輪廻転生して健太くんの妹になりました。
  4. 輪廻転生した少年が、前世の記憶から殺人犯を特定したという嘘のような本当の話でした。
  5. 本当に輪廻転生があるのならば、亡くなった健太くんは、もう私のそばにいるに違いありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事