竜頭鷁首【りょうとうげきしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竜頭鷁首

【読み方】
りょうとうげきしゅ

「竜」は「りゅう」、首は「す」とも読む。

【意味】
天子や貴族などの地位の高い人が乗る船。

【語源・由来】
「鷁」は中国の想像上の水鳥で、強風の中でも難なく飛ぶことができるので、水難避けとされている。竜や鷁の頭の彫り物を船首に飾りつけた二艘で一対の船で、平安時代から室町時代に祭礼や宮中の行事、貴族の水遊びなどで使われていたとされている。

【類義語】
・竜舟鷁首(りょうしゅうげきしゅ)

【スポンサーリンク】

竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)の使い方

ともこ
ここに展示してある列車、すごく豪華ね。御成列車っていうんですって。誰が乗るのかしら?
健太
船で言うところの竜頭鷁首だよね。天皇、皇后しか乗ることが出来ない電車だよ。
ともこ
なるほどー。だから贅を尽くした内装になっているのね。
健太
これに乗って日本中を旅行してみたいよね。

竜頭鷁首(りょうとうげきしゅ)の例文

  1. 竜頭鷁首に乗った身分が高い人たちが、湖上で花見を楽しんでいました。
  2. 正直、貴人が乗る竜頭鷁首に乗ってみたいけれども、あひるさんボートで十分幸せだ。
  3. 竜頭鷁首が浮かんだ池は、今日は、殿上人で貸し切りだそうで、庶民の私は、入ることが出来ませんでした。
  4. 池に浮かんだ竜頭鷁首からは、雅やかな音楽が聞こえてきました。
  5. 明神池で行われる「御船神事」は、竜頭鷁首を浮かべる雅やかな祭りです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事