左顧右眄【さこうべん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】
左顧右眄

【読み方】
さこうべん

【意味】
周りを気にして、なかなか決断を下さないこと。他人の様子をうかがって、決断をためらうこと。左を見たり右を見たりする意から。もとは、ゆったりと得意で余裕のある様子をいった語。

「顧」はかえりみる。「眄」は横目でちらりと見る。また、かえりみる。

【典拠・出典】
曹植「呉季重に与うるの書」

【類義語】
右顧左眄(うこさべん)
狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)
・左眄右顧(さべんうこ)
首鼠両端(しゅそりょうたん)
遅疑逡巡(ちぎしゅんじゅん)


左顧右眄(さこうべん)の使い方

ともこ
健太くん。決断の時よ。左顧右眄している場合じゃないわ。
健太
そ、そうだよね。で、でもね・・・。
ともこ
いつまで迷っているのよ。人の目を気にしている場合じゃないって言ってるでしょ。
健太
わかったよ。思い切ってこっちにする!

左顧右眄(さこうべん)の例文

  1. 夢を追いかけると決めた以上左顧右眄しない。
  2. 左顧右眄していたら、真の芸術作品は生まれない。
  3. 健太くんは、人の意見に流されて左顧右眄しがちだ。
  4. ともこちゃんは、些細なことにこだわらない性格なので、左顧右眄することはない。
  5. 健太くんは、左顧右眄してあいまいな答えをした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索