左顧右視【さこうし】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
左顧右視

【読み方】
さこうし

【意味】
むやみに左右を見渡すこと。ぐずぐずしているようすのたとえ。

「左顧」は左の方を振り返ってみること。「右視」は、右の方を見ること。

【類義語】
・右往左往(うおうさおう)
・右顧左眄(うこさべん)
・左顧右眄(さこうべん)
・左視右瞻(さしうせん)
・左眄右顧(さべんうこ)
・左瞻右視(させんうし)


左顧右視(さこうし)の使い方

ともこ
もう。健太くんが左顧右視している間に時間が無くなってしまうじゃないの。
健太
ごめんよ。急ぐから待ってて。
ともこ
ずっと待ってるわよ。
健太
昔から、よく左顧右視、愚図愚図って言われてるんだよ。

左顧右視(さこうし)の例文

  1. 健太くんが左顧右視している間に電車が行ってしまった。
  2. 左顧右視していないで、はやく提出しなさい。
  3. 告白してしまえばいいのに、左顧右視している内にタイミングを逃した。
  4. まるで左顧右視しているかのように、今年の梅雨は長く居座っている。
  5. 左顧右視していると置いていかれてしまうよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事