右往左往【うおうさおう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
右往左往

【読み方】
うおうさおう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
「往」は行くという意味。
右に行ったり左に行ったりして、あわてふためくこと。また、混乱して秩序がないたとえ。
どうすればいいのかわからず、オロオロとあちこち動きまわること。まごつく様子。
「左往」は「ざおう」とも読む。

「左往右往」とも言う。

【語源・由来】
古典『平治物語』上巻より
兵ども右往左往して馳せ違い、源氏兩家の軍兵が、京白河を行き来していたのです。

【類義語】
・周章狼狽(しゅうしょうろうばい)
・紛擾雑駁(ふんじょうざっぱく)

【対義語】
・泰然自若(たいぜんじじゃく)
・冷静沈着(れいせいちんちゃく)

【英語訳】
・run about in confusion
・toing and froing


右往左往(うおうさおう)の使い方

健太
あれっ?携帯がない!! ポケットにもカバンの中にも・・・
ともこ
えっ? 大変! さっきのお店かしら? 私があなたの携帯、鳴らしてみるわね。
健太
携帯ないと困るんだよ~! 明日、仕事だし・・・友達の連絡先は全部、携帯の中だし・・・。さっきのお店かな・・・?それとも、その前のカフェかな・・?あ~・・・タクシーかも!! どうしよう~!
ともこ
落ち着いて、そんなに右往左往しないでよ。携帯、鳴ってるわ。上着のポケット。

右往左往(うおうさおう)の例文

  1. 火事や地震が起きた時には右往左往しないよう、事前に避難ルートを決めておきましょう。
  2. 男は堂々とした姿を見せていたいものだ。ちょっとのことで右往左往するのは体裁(ていさい)が悪い。
  3. 司令塔の指示が的確でなかったために、我がサッカーチームはグランドを右往左往するばかり。とうとう試合に負けてしまった。
  4. 主人ったら、私の出産の時、分娩室の前をひたすら右往左往していたんですって。
  5. 急な夕立のせいで、雨宿り場所を求める人が右往左往して大混乱。
  6. 得意先の不渡りは大打撃だが、いまさら右往左往しても解決されるものではない。それよりも、わが社の経営基盤をしっかりとして、優良な新規顧客を開拓することに尽力したい。
  7. トンネル内で起こった玉突き事故により、人々はトンネル出口を求めて右往左往した。
【天と地と/海音寺潮五郎】より
勝ほこっていた長尾方の先陣(せんじん)はたちまち乱れたち、右往左往してにげまどった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事