三者鼎談【さんしゃていだん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
三者鼎談

【読み方】
さんしゃていだん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
三人が向かい合って話し合うこと。

【語源・由来】
「鼎」はかなえ、三本の脚で二つの取っ手のついた底の深い道具。物を煮たり、宋廟に置いて祭器として用いる。


三者鼎談(さんしゃていだん)の使い方

健太
もう二学期だっていうのにクラスが一つにまとまらないんだ。どうしよう。
ともこ
もうすぐ文化祭なのに、困ったわよね。こうなったら先生を交えて三人で三者鼎談しましょうよ。
健太
ええっ。先生の力に頼るの?生徒だけで何とかできないかな。
ともこ
生徒の力で何ともできなかったから困っているんでしょう?きっといい知恵を出してもらえるわよ。

三者鼎談(さんしゃていだん)の例文

  1. ポストの前で、近所のおばちゃんがいつも三者鼎談をしています。
  2. 国交断絶していた国同士と仲介役の国で、歴史的三者鼎談が開かれました。
  3. 文化祭で、わが校を卒業された著名人を三人呼んで、体育館で三者鼎談をしていただきます。
  4. 今月の巻頭特集は、今をときめく人気作家の三者鼎談です。
  5. 非公開だった三者鼎談が、大多数のファンの要望に応え、特別配信されることになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事