先難後獲【せんなんこうかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
先難後獲

【読み方】
せんなんこうかく

「難きを先にし獲るを後にす」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
難事を先にして利益を後回しにする意。まず人のために困難なことを行って、自分の利益になることは後回しにすること。また、はじめに難事を行えば、後でその利益を得られること。利益を得るためには、まず困難なことを行わなければならないという教え。「先難」は困難を先に行うこと。「後獲」は人に遅れて利益を取ること。または後に利益を得られるという意味。「難きを先にして獲るを後にす」と訓読する。

【語源・由来】
『論語』「雍也」より。

【類義語】
・先苦後甜(せんくこうてん)


先難後獲(せんなんこうかく)の使い方

健太
僕は社長をやっているおじいちゃんを尊敬しているんだ。
ともこ
へえ。どうして?
健太
先難後獲、社員が嫌がるような仕事を率先してやっているからだよ。
ともこ
それはすごいわね。社長が先難後獲という姿勢だと、社員もがんばろうって思うし、がんばると利益がついてくるわよね。

先難後獲(せんなんこうかく)の例文

  1. 先難後獲を胸に日々努力してきたおかげで、この会社はここまで大きくなりました。
  2. 利益にこだわらず、先難後獲の姿勢で会社と向き合えば、おのずと利益はついてきます。
  3. 先難後獲を絵にかいたような社長は、人に愛され、仕事にも恵まれました。
  4. 今苦労と努力をしておけば、先難後獲、後で報われるに違いない。
  5. 先難後獲、いつやるのか、今でしょ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事