積悪余殃【せきあくのよおう】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】
積悪余殃

【読み方】
せきあくのよおう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
悪事をかさねた報いが子孫にまで及ぶこと。

【語源・由来】
『易経』「坤・文言伝」より。「積悪」は数々の悪い行い、悪事の積み重ね。「余殃」は祖先の悪事の報いとして子孫にまで残るわざわい。

【対義語】
・積善余慶(せきぜんのよけい)


積悪余殃(せきあくのよおう)の使い方

健太
またくじ引きで外れてしまったよ。僕の運の悪さは積悪余殃が原因なんじゃないかな。
ともこ
健太くんの先祖が悪いことをしたの?
健太
きっとそうだよ。先祖の犯した罪による罰が、子々孫々にまで及んでいるんだと思うよ。
ともこ
健太くんの先祖を敬わない姿勢が運の悪さの原因じゃないかしら。

積悪余殃(せきあくのよおう)の例文

  1. おじいちゃんも父さんもがんで亡くなり、僕もまたがんになったのは積悪余殃だろうか。
  2. 積悪余殃というのだから、子孫のことまで考えて行動をしなくてはならない。
  3. あの家が不運続きなのは、先代が悪事の限りを尽くしてきたから、つまり積悪余殃です。
  4. 何をやってもうまくいかないのは、積悪余殃、きっとご先祖様が相当悪いことをしたんだろう。
  5. ここで衝動的に罪を犯して積悪余殃、子供たちに累が及ぶことになってはいけないんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事