千客万来【せんきゃくばんらい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
千客万来

【読み方】
せんきゃくばんらい

「せんかくばんらい」とも読む。

【意味】
多くの客が入れ替わりひっきりなしに来て絶え間がないこと。
商売繁盛のたとえ。門前市を成す。

「千客万来の繁盛」などと表現する。

【語源・由来】
「千」「万」は数の多いことを示す。同じ意味の言葉を重ねて数の多さを強調している。
店などが繁盛していたり来客が頻繁にあったりするときに用いる。

「万」の旧字体は「萬」。
「来」の旧字体は「來」。

【類義語】
門前成市(もんぜんせいし)

【対義語】
門前雀羅(もんぜんじゃくら)

【英語訳】
・Thriving business
・Many customers come.
・Overflowing with customers

【スポンサーリンク】

千客万来(せんきゃくばんらい)の使い方

ともこ
健太君、帰りに新装開店のカフェに寄って帰らない?
健太
いいよ、寄ってこうか。千客万来で繁盛しているらしいじゃん。
ともこ
私、サービス券つきのちらしを持っているのよ。
健太
なるほど! そういうのを配っているから、お客さんがひっきりなしに来るんだね。

千客万来(せんきゃくばんらい)の例文

  1. 文学賞を受賞してからというもの千客万来、マスコミのみならず知らない親戚まで家に訪れるものだから、狭い我が家はてんてこまいの大騒ぎだ。
  2. あの野球チームの優勝記念セールで、系列のデパートが大セールを開催しているよ! 二割、三割は当たり前、半額商品もあるんだから、終日、千客万来もうなずけるよな。
  3. 開店早々、私をご指名のお客様で千客万来。目がまわるほど忙しいと思ったら、お酒に酔って本当に目がまわっていた。
  4. お客様を待っているだけではダメだと、早朝からビラまきに出かけた。すると、昼過ぎから千客万来、たくさんの人々がビラを手に来店してくれました。
  5. 父は政治家として有名で、お正月には年始の挨拶で千客万来。知らない顔がたくさん家に訪れた。家族だけでお正月を祝えるのは七草を過ぎた頃。そのような家で私は育った。
<源頼朝/吉川英治>より
源氏(げんじ)滅亡と見えたとたんから、六波羅(ろくはら)御門は、牛車、お馬、輿(こし)など、千客万来を呈しております。

まとめ

千も万もの客が訪れる。商売繁盛。とても縁起の良い四字熟語である。
嬉しさに舞い上がっても、感謝のおもてなしは忘れないように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事